読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毛のはえたようなもの

インターネット的なものをつらつらとかきつらねる。

Doxygen+Graphvizでクラス図を自動生成する

卒論生成たけなわの皆さんお疲れ様です。終わった皆さんお疲れ様です。
卒論ページを埋めるためにクラス図を生成する必要がありましたので、メモです。
暇になったら加筆します。

クラス図とかソースコードの依存関係の図を自動生成したい


ソースコードが先にあってUMLを作るためのツールは探すと有料がほとんど。
でもDoxygenGraphvizを組み合わせると無料でできるらしい。
というわけで用意するものはDoxygenGraphvizソースコードです。C++、C、JavaObjective-CPython、IDL、 PHPC#、Dに対応しているそうです。

まずGraphvizDoxygenを下記からインストールします。

すべてデフォルトでOK

Doxygenの設定

上記サイトを参考に設定をしてゆきます。
多少見た目が違いますが、Windowsの場合は真ん中の詳細設定のタブで設定を行います。


特にGraphvizを使用するためには以下が必要です。

  • Dotで「HAVE_DOT」をチェックすること
  • Dotで「DOT_PATH」に「C:\Program Files\Graphviz 2.21\bin」などとバイナリファイルが入っているフォルダを指定すること

後はお好みの設定をされるとよいと思います。


設定したら「File」→「Save as...」で設定ファイルを保存します。
保存したファイルは読み込みたいソースコードの入っているフォルダに入れてください。
(このとき自動的にRunするフォルダを決めてくれます。)

RUN!

「Run」のタブからDoxygenを動かします。「html」というフォルダ中に自動生成されています。index.htmから視覚的にたどることができます。

参考サイト