読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毛のはえたようなもの

インターネット的なものをつらつらとかきつらねる。

Tシャツ・ルーチン

なんか慣れてきた。

ルーチン

  1. デザインを決める(1〜3か月間)
    1. デザイン案出し、母親ともなぽんに送りつけ、反応を見る
    2. 3案ぐらいで色だめし、Twitterなどで広報して、反応を見る
    3. アンケート →案決定
  2. 注文を受け付ける(2週間〜1カ月間)
    1. デザイン案を注文対象の商品写真に合成。全パターン全色。
    2. フォームを構築する →注文受付開始
    3. 受け取った注文メールを整理してためておく(プログラムにあとで食べてもらう)
    4. とにかく宣伝する(ひよって宣伝しないと赤字になる)
  3. 発注(2〜3日ぐらい?)
    1. デザイン案最終稿を詰める(印刷して細かいところを見る。ベクターの線なおしたりとか、版に入るように最終的なサイズを決めるとか)。印刷位置指定のデータを作る。
    2. デザインごとに発注メールをプログラムに飲ませて、発注者-発注品の表を吐かせる
    3. 発注者-発注品が紐付けされたデータから、業差さん発注用の、発注品だけの表に成型(どんな柄の、どの商品の、何色の何サイズが何枚いるという表です。)
    4. アートディレクトさんに「めんどくさい注文でごめんなさい」と謝りながら、デザインデータと複雑な発注表を送る(メインのTシャツだけで、42色*10サイズぐらいあり、1ますに1枚とか2枚しか入ってない表になる。)
    5. (発注確認→デザイン校正→到着)
    6. ↓発送作業中に送付されたTシャツの数が合っているか確認して、Tシャツ代をお金を振り込む。100枚ぐらい作ると10万円以上必要になるので、事前にお金のめどをつけておく。
  4. 発送(2日間〜)
    1. 注文してくださった方一人一枚の請求書(紙)を作る。別デザイン発注分もまとめる。
    2. 請求書をもとに、Tシャツの山からTシャツ・バッグを見つけ出して、たたんで袋に入れる→送料を計算する→請求金額の決定→袋に封をする
    3. 注文してくださった方に請求金額の告知。振り込みのお願い。
    4. 送料を計算して、送料分の切手やらレターパックやらを調達する。
    5. 郵送の方の振り込み確認
    6. 受け渡し
      1. 手渡しの場合:受け渡し日の決定→受け渡し&お金をいただく→完了
      2. 郵送の場合:送付先確定&振り込み確認→発送(発送確認メール)→(到着)→完了

ノウハウ的な

  • デザインは誰かに見てもらったほうがいいと思っている。”人に購入していただく”という前提がある以上、反応がよい(=買ってもらえる)ほうがいい。最終判断は独断と偏見だけど。
  • 好みのアンケートは、案外バラける。
  • 注文受付期間は長いとあまり申し込まれない。逆に1週間〜2週間のほうが申込数が多い。忘れられるのかも?
  • Tシャツ色の選択肢があったほうがよいようです。黒色のTシャツ以外は注文数に目立った偏りはありません。黒もそんなに多いわけではありません。
  • ディープブルーとインディゴの生地の色の区別が微妙。生地サンプル表と突き合わせて目視でも結構難しい。
  • 宣伝はされたほうは鬱陶しいと思うのだけれど(いつもすみません)、1回宣伝すると必ず注文が入る程度には効果があるような気がしています。
  • 絶対迷惑な発注書なのに、アートディレクトさんは快く引き受けてくださり、ありがたすぎます。
  • ネットで販売しているせいか、ネットバンキングを使って振り込んで下さる方が多く、発送で困ったことがほとんどないです。はじめ平日3日間ぐらいがピーク。
  • ネットで販売しているせいか、連絡がつかない方がたまにいらっしゃる。迷惑メールにはいってないといいな。
  • ネットで販売しているのだから、メールの返事はできるだけ早く。それ以外の誠意の見せようがないから。
  • ちなみに 振込先に選ばれるのは UFJ>>ゆうちょ>三井住友。このなかで唯一ゆうちょ銀行さんだけが夜間・土日祝日でも即時振り込み可能。システムすごい。
  • 普通郵便の料金表、暗記してる。郵便局の郵便窓口のお姉さんに覚えられている。時期によっては郵便局のキャンペーンのはがきを(大学生にしては)出しまくっているし、当選したことがある。
  • 私、「郵便を送る」ということが好きすぎる。ポストに投函したり、切手を貼ったりするのが好きすぎる。人のお金でたくさんできてすごい楽しい。発送が一番楽しい。
  • 儲けたお金 = いただいたお金の合計 - 経費 。税金では雑所得に分類される。扶養されている学生がここで稼いでもよい金額は10万円。経費が結構かかるので、税金を払うに至っていない。