読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毛のはえたようなもの

インターネット的なものをつらつらとかきつらねる。

BASEとSTORES.jpを比較してみた2016

f:id:gomi-box:20160403214912g:plain
「ずっと使えるように」と2012年GWに引きこもり、Wordpressで自作ECサイト構築してから早4年。
やっぱりサイトは陳腐化し、集金・受発注も結構面倒になってきました。
これは外部ECサイトサービスに頼るほうがいいかも…。

というわけで、2大ECサービスであるBASEとSTORES.jpを比較してみた2016です。


下記表「STORES.jp」のカラムで「/」と表示されているのは「無料版/有料版」の機能差です。
また提供サービスは2016.4.3現在のものです。
内容が間違っていたらすぐ直すので連絡してください><

お金のこと

BASE STORES.jp
月額費用 0円 0円/月額980円
決済 クレジットカード決済、コンビニ決済・Pay-easy、銀行振込、後払い決済 クレジットカード決済、コンビニ決済、銀行振込、代引き(有料)
決済手段の選択 × ×/○
決済手数料 3.6%+40円(後払い決済6%) 5%(代引きでは発生しない)
クラウド会計ソフト連携 Freee、マネーフォワード マネーフォワード

決済手数料の分岐点は約2860円。
送料を含めて2860円以上の客単価を目指す場合はBASEが、それ以下の場合はSTORES.jpが安い。

サイトデザイン

BASE STORES.jp
スマホ対応
無料デザインテンプレート 11個 9個
有料デザインテンプレート あり ×
HTML編集 ○(月額900円) ×
ロゴ変更
背景変更
文字色変更
ラベル(バッジ) ×/○
ロゴ作成サービス
トップページ  × ×/○
ブログ・お知らせ機能 ×/○
海外販売対応
シークレットEC ×/○
年齢制限 ×/○
サイト供給元リンク非表示 ○(月額500円) ×/○

実際に使ってみたところ、デザインについてはSTORES.jpのほうが無料の範囲で細かく調整できる印象。商品写真の大きさや並べ方までこまやかに選択することができる。
一方、BASEではお金を払うと完全オリジナルにすることが可能。また、5000円程度で有料テンプレートを利用できるので、他のサイトとの差別化を図りつつ、サイト構築の時間を短くし、小売業に注力できる。

商品・発送関係

BASE STORES.jp
掲載商品点数 無制限 5商品/無制限
一商品に登録できる画像 5点 4点/12点
バリエーション登録(サイズ)
商品カテゴリ
複数商品一括登録 ×
数量制限 ×
ダウンロード販売
送料 一律、詳細 一律、詳細
オーダーCSV出力 × ×/○
納品書出力 ×/○
商品撮影サービス
梱包資材無料提供
ヤマト運輸集荷サービス
倉庫サービス 980円〜 0円
倉庫からの配送料 650円〜/個 800円〜/個
オリジナル商品作成 スマホケース、Tシャツ ×
ギフト対応   ×/○
再入荷お知らせ  × ×/○

サイト環境・集客

BASE STORES.jp
独自ドメイン ×/○
独自アクセス解析 ×/○
GoogleAnalytics ×/○
SEO対策 ×
メルマガ配信
外部からの集客促進
クーポン配布 ×/○
商品仕入れサービス ×
レビュー × ×/○
告知ボード   × ×/○

まとめ

BASEは月額費用がかからない範囲で使える機能が多い印象。
一方、STORES.jpは月額費用がかかる分、かゆいところに手が届く機能とサポートが魅力のようです。
ううん、迷うなあ。