読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毛のはえたようなもの

インターネット的なものをつらつらとかきつらねる。

ひよこガーデンピックの作り方

母親の要望によって作ることに。
ガーデンピックという名前らしいです。シラナンダ。

製作半ばで実家においてきたのでその後どうなったかは知らない。

材料

  • 粘土 必要量(今回は100均の軽い粘土 白50g+黄40gを使用)
  • 針金 個数分(今回は5本)
  • ニス
  • ニス用の刷毛
  • 油性ペンまたは絵の具(顔を描くため)
  • いらない紙または新聞紙(乾かすとき用)

ニスと刷毛代合わせて400円なり。

つくり方

  1. 個数分だけ針金を切る。一方の先を鉤型にする(傘の取っ手のような形に)。
  2. 粘土を十分にこねる。こね終わったら修復用の粘土を少し分けておく。
  3. 粘土を分割する。好きな大きさに丸めてひよこの形にする。
  4. 粘土に針金を挿す。ぷすっ
  5. 指先に水をつけて表面をなでて粘土を溶かしながらざらつきや割れ目をなくす。
  6. べたつきがなくなるまで乾かして、両面口語に滑らかにする。
  7. 針金と粘土の接合部が空いていると思うので、先ほどの修復用粘土を詰めてあげる。このとき粘土を水で幾分やわらかくしておくと良い。
  8. 1日乾かしまーす。表面がとりあえず硬くなればOK
  9. 顔を書きます。ひよこの顔を練習しておいてね!!!そんなに難しくないけど。
  10. 粘土が完全に乾くまで乾かします。軽い粘土は案外しぼむので完全に乾かしてね!
  11. ニスの説明書に従ってニスを塗ります。野外で使う場合はちゃんと重ね塗りしてね!
  12. 乾かしたら完成。

粘土は黄色と白を混ぜて作りましたが、白しかない場合は白色ひよこを作り、ニスの前に色を塗っても良いと思います。アクリル絵の具がお勧めです。軽い粘土は水に溶けやすいので!

完成

は今のところしていないので、今度実家に帰るときまでに作っておいてください>母

母親見てないと思うけど、ここ。

余談

製作途中をみた父親が「餅か」といっていた。