読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毛のはえたようなもの

インターネット的なものをつらつらとかきつらねる。

ルンバと赤子と私

2015年11月のある日、ルンバがほしすぎる民になった私は懸賞に応募した。
翌年4月から仕事復帰するにあたり、お金で時間を何とかする方法をいろいろと探していたためである。

そして忘れていた頃、本当にルンバが来た。キテシマッター!ヤッター!アリガトー!
f:id:gomi-box:20160201160400j:plain

もらいっぱなしでは申し訳ないので、1か月ぐらい使ってみての感想を書きたいと思います。

ルンバのここがすごい

掃除機している間にほかのことができる

何かしている間にほか事するのが大好きせっかち大魔神の私にぴったり。
世界のせっかち大魔神の方々にはこれだけで喜ばれる逸品かと思います。
仕事復帰してからは朝ぽちっと電源押すだけでいいので本当に楽そう。

気持ちが楽になる

掃除機手に持って、さあやるぞ、となるまでの時間が長いのでついつい週1ぐらいになりがちだったけれど、ルンバはボタンを2回押すだけ!
割と気軽にポチれる。気持ちが楽になる。

赤子は興味深々

多感な時期の赤子氏の興味を引くことに成功。
まだハイハイしないのでルンバ氏のおからだは無事でいらっしゃいます。
ハイハイしたらどうなるかはまたしばらくのほど・・・
f:id:gomi-box:20160203141201j:plain

床にものを置かなくなる

ルンバが戸惑いがちになった絨毯も撤去したため、部屋が広くなりました!!

やっぱり掃除機も必要

ルンバのダストボックス、ごみ箱にかぽっと捨てるだけなんだけど、ほこりが舞うのが気になる・・・フィルタの目詰まりが気になる・・・
結局、ゴミを今まで使っていた掃除機で吸引するに落ち着いています。
いい方法が思いついたらまた記事を書きたいと思います。

おやくそくの

この記事は下記で募集しているモニターに応募していただいたルンバを使用しています。
www.irobot-jp.com